需要が減少すれば商品価値も減少

Posted by · Leave a Comment 

切手収集にもはやりすたりがあり、現代のように切手や手紙と縁遠くなってしまうと、切手自体に馴染みがなくなり興味の対象から外れてしまいます。

テレホンカードがいい見本で、当時はプレミヤだったテレホンカードもいまや無価値のものも多くあります。

というより、持っていても意味がなく、NTTで買い取りもして貰えず、役立てる方法としては、電話の通話料金部分に対してのみ相殺して貰えることができるという方法だとか・・・。

切手買取りや回収にも流行があり、切手収集家の分母自体が減少している昨今では、 切手買取り価格も下落傾向にあります。

金やプラチナのような資源は、そのものに価値がありますが、古切手などは、そのものに価値があるわけではなく、需要と供給の関係が価値を産出していくので、需要が減少すれば商品価値は減少するのです。

そういう意味では、このまま収集切手を保管していてどうなのかな・・・?という感じもします。

世の中にバブル経済と同様の好景気が再来すれば、経済的に余裕ができて、切手の売買も盛り上がりをみせるのでしょうが・・・いまのところ、考えられない状況です。

そのようなことから、取引きできるうちに、また、安心・安全な回収業者を探すためにも、確かな業者を選びましょう。

ここが参考になるようです。

家の片隅に眠っている記念硬貨はありませんか?

Posted by · Leave a Comment 

昔から、古銭買取り、切手買取りを視野においた収集家が多くいます。
趣味で収集する人も多いですが、その収集品が後々に高値で取引されるケースが多いのです。

古銭とは、昔使われていた古いお金で、歴史的資料にもなっている寛永通宝以前の古銭のことをいいます。

古銭では、中国から渡った開元通宝や永楽銭などが知られています。

永楽銭は、中国で鋳造された銅貨で「永楽通宝」の文字が刻まれており、日本には室町時代に輸入されて、そのまま江戸期のはじめ頃までは標準的貨幣として流通していました。

寛永通宝は新銭になります。
新銭は、室町末期以降に中国の銭を模倣し、日本で鋳造した粗悪な貨幣で、寛永通宝は新銭になります。

寛永通宝は、江戸時代に流通していた代表的な銭貨で、表側に「寛永通宝」の4字が刻まれています。
この「寛永通宝」は、全国各地でつくられ明治の初めまで使われていました。

現在の、古銭買取りサービスで扱う古銭は、もう少し幅広く、東京五輪などの記念硬貨や希少な記念硬貨、その他に金杯などの金製品なども買い取って貰えます。

その他には、愛知万博硬貨や札幌オリンピック含む記念硬貨も扱っていますので、この辺りの古銭なら家の中にありそうですね。

詳しいことは、古銭の買取り先が参考になります。

切手買取りにも流行があります

Posted by · Leave a Comment 

従来は、手紙や電報が連絡を取り合う手段でしたが、それが、電話になり、いまや、メールやfaxに通信手段が移行してきました。

電話も時代によって大きく様変わりし、総務省のデータによると、今や携帯電話の世帯保有状況は、平成23年度末のスマートホンを含む携帯電話は94.5%と、固定電話の83.8%を上回っています。

ひところ人気のあったfaxは、45%に止まっています。
まさに、郵便文化からメール文化に様変わりしたといっても過言ではないようです。

ということで、議員関係とか商売や会社関係以外の個人では、昔ほど切手を購入することもなくなりました。

不思議なもので、品物が社会に広く出回らなければ、その商品価値は高まります。
今後は、切手もそうなるかもしれません。

ところで、切手買取りサービスってご存知でしたか?

記念切手や古い切手を買取りしてくれるサービスで、切手買取りサービス・ココで検索するとヒットします。

切手買取りには、流行があり同じ古切手でも売買する時期によっては価格がグ~ンとちがってきます。

だから、普段から切手買取りサイトを参考にしてチェックしておくことがだいじで、上手く買い取りを進めるためにも、流行や人気をリサーチしておくことをおすすめします。

毛皮の整理ってどうするの?

Posted by · Leave a Comment 

お金持ちの代名詞といってもいいくらい、高級品のイメージが強い毛皮ですが、使わなくなったとしても高くてもったいないからそのままタンスの奥にしまっているという人も多いんじゃないでしょうか?

毛皮は高いイメージはありますが、売るという選択肢がイメージにないために、やむなく整理処分してしまっている人もいるようです。これはもったいないことですね。

毛皮はモノにもよりますが、多くの場合毛皮買取の業者に引き取ってもらうことが出来るのです。汚れが付いていたり破れているからどうせ買取なんて無理だろうと諦めている人も、是非一度査定を依頼してみてください。毛皮はたとえしみや汚れ、破れなどがあったとしても買い取ってもらうことが可能なのです。

買取業者ランキング

毛皮買取.netでは、お勧めの毛皮買取業者をランキング形式で紹介しています。どうせ売るのなら、出来るだけ高く買ってもらいたいですし、サービスの良いところを選びたいですよね。

平日になかなか時間の取れない人は、土日祝日対応のショップがもちろん良いですし、無料で主張査定をしてくれるのであれば申し分ありません。多数の取引がある業者なら査定にも信頼がもてます。

整理したい毛皮が自宅に眠っている人は、是非上記のサイトを利用して毛皮の買取査定を依頼してみてください。